うえの

カレーハウス

​大分市舞鶴町

 1980年に初代上野二美が創業し、
二代目 美奈子が2010年に跡を継ぎ今に至ります。
現在三代目 拓海がうえのカレー修行中。
店内は創業当時のレトロな雰囲気を継承し、
茶系と赤レンガで幅広い世代の方にも落ち着ける場所。
「笑顔と姿勢と品格」をモットーに、 
いつもカレーに「おいしくなーれ」と語りかけています。

​三代目と二代目店主

​当店スタッフ

​昭和レトロの内観

カレー作りの情熱

[うえの独自製法は]

ルーは2日間焙煎し、ソースは3日間煮込みと寝かせを繰り返し、お客様に提供するまでに5日間。

手間隙かけて生まれたトロミが特徴で、甘味・酸味・辛味を味わえるコクと旨味のあるシンプルな欧風カレーです。


トッピングでは、当日仕入れを基本に国産・県産素材を中心に使用し、基本すべてを毎朝手作りしています。

なかでも昭和の時代から愛され続けている当店自慢の『手ごねメンチカツ』は1番人気で看板メニューです。

ルーを焙煎

長年培った独自の焙煎技術で

​急がずゆっくりと

おいしさを追求しています。

​Menu

​Access

Kitchen Car Schedule

​Instagram